通信中です...しばらくお待ち下さい

のびのびと明るい自主的な子ども(=麒麟児)の育成

のびのびと明るい自主的な子ども(=麒麟児)の育成


保育園の日々の生活は『養護と教育』のバランスを考慮し、きりん保育園独自のカリキュラムが作成されています。
人間として生きていく為に必要な知恵と感覚が習得できるように、食育・知育・体育・心育そして丁寧な躾教育を0歳からきちんと生活の中に組み込んでいます。
赤ちゃんからの悩発達に応じて適切な刺激と感覚強化を全保育士が理解して保育実践の場で生かす努力をしているのがきりん保育園です。
一度見学にいらして下さい。
皮膚を刺激する赤ちゃん体操も保育士と一緒にやっていますよ。
 
きりん保育園理事長 友枝 美栄子

児童福祉の理念にそって、0歳時から就学前の乳幼児の豊かな人間性の育みと、健やかな心身の育成のため、且つ安心して働ける保護者の支援を目指す児童福祉施設です。

●保育目標『のびのびと明るい自主的な子ども(=麒麟児)の育成』


乳幼児達は自ら豊かに伸びていく可能性を持っています。「人は環境の子なり」と言われるように、良い環境を備え(物質的環境)、保育士との関わり(人的環境)の中で、現在をよく生き、望ましい未来を作り出す力、生きていく活力の基礎基本を一人ひとりに身につけることを目標とします。

 

●保育方針『一人を粗末にする時は 教育道の光を失う』


保育園は、社会性を学ぶ集団生活であり、その中で光り輝くような一人ひとりの心身の成長を育てます。集団と個を大切にしています。
 

『知・情・体の三位一体の総合教育』


健やかなキビキビとした体、やさしい情緒安定した心、考え創造できるかしこい頭としての知・情・体を三位一体として、どれもバランスよく発達段階に応じて系統的に保育計画を作成し、子どもが身につけるべき望まれる心情・意欲・態度を育てます。
 

知(あたま)

ノビノビとした知的創造教育

情(こころ)

キラキラした豊かな情操教育

体(からだ)

キビキビとした運動遊び